思春期ニキビの基本ケアを知ろう!

思春期ニキビケアの基本No.1。

実は人間の肌は、放っておいても自己回復するようになっています。ですが、残念ながら顔についた汚れを落とすことはできません。正しい洗顔方法で汚れを取り去ってあげなくてはならないんです。肌を健康な良い状態にするためには必要不可欠なニキビケアの基本No.1はなんといっても洗顔なのです。

 

1.あなたの洗顔方法間違っていませんか?

  • 手でゴシゴシ顔を洗う
  • お風呂に入った時ついでに洗うだけ。
  • いきなり冷たい水で石けんも使わずすすぐだけ。
  • 何度も何度も油分をとるために顔を洗いまくる。

 

心当たりは・・・ないですか(^_^;)
どれも間違った洗顔方法です。もちろんニキビ肌にも最悪・・・。

間違いだらけの洗顔方法

手でゴシゴシ顔を洗う

洗顔は泡で吸着させて汚れを取り去ります。ゴシゴシ洗うと肌もかなり傷めてしまいます。

やさしく、ふんわり空気を含ませて泡立てた石けんの泡を肌に転がすように。

 

ふわふわに泡立てた泡洗顔

 

日本で一番売れている!?『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

 

お風呂に入った時についでに洗う。

 

カラダを洗う石けんはたいてい洗浄力が強く、皮脂を取り過ぎてしまいます。その結果、肌がつっぱり乾燥させます。

 

顔用の洗顔料を選ぶ。

 

 

いきなり冷たい水で石けんも使わずすすぐだけ。

 

冷たい水は毛穴を閉じらせて、毛穴の奥の汚れが浮き出てこないので汚れが詰まる原因に。
(洗顔料を落とすときには毛穴が引き締まルので冷たい水がいいです)
そして熱いお湯だと油分を取り過ぎて乾燥してしまいます。ぬるま湯がおすすめです。

 

洗顔はぬるま湯で。

 

 

何度も何度も油分をとるために顔を洗いまくる。

 

油分(皮脂)を取り除き過ぎると肌の自己防衛機能が働き、脂を出そう出そうとして逆にオイリー肌になるという現象がおこります。
洗いすぎは逆効果。朝晩2回で大丈夫。

 

朝晩 1日に2回をめどに。

 

スポンサードリンク